スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔自作小説〕 『みなもに波立つ陽』前編

いとこ同士の高2男女、ふたりの微妙な距離感を描いた青春短編の前編です。
ここにもサイトから転載しておくので、もしよろしければ読んでみてください。


 
 後部座席でぼんやりとしていた僕に、運転席の父が振り向いて声をかけてきた。
 ドアを開けて外に出ると、庭に植わっている松の木が出迎えてくれる。風が通り抜ける場所、とでも言えばいいのか、周りは風よけの雑木林や田んぼが目立つばかりで、現代を思わせるものは電線とビニールハウスと軽トラックくらいしか見当たらない。
「おお。いらっしゃい」
 玄関から少し離れた場所にある大きなガレージから、真っ黒に日焼けした祖父が出てきた。タンクトップに麦わら帽子、首にはタオル、やせぎすな体には大粒の汗。
「おじゃまします」
 母と僕は頭を少し下げ、
「少しはじっとしてらんねえのか。また倒れるぞ」
「余計なお世話だ」
 などといつものやりとりをしている父と祖父の横を通り過ぎて、開きっぱなしの玄関から中に入った。
 するとそこへ、父の弟――亜貴の父親でもある叔父が、布団を手に玄関前の廊下を通りかかった。
「あ、いらっしゃい、義姉《ねえ》さん。いま布団を……と、おお!」
 僕を見て、叔父が布団をかかえたままこっちに駆けてくる。布団に埋もれて顔が見えない。
「お前、ほんっとに身長のびたなあ! このあいだまでこーんな大きさだったのに」
 布団を抱えた状態なので、『こーんな大きさ』の幅が本当に小さい。筆箱くらいしかない。
「そんなに小さくないですよ」
 僕は笑いながら玄関に上がる。
 この人だけなら、話が合うからいいんだけどな。
 叔父にくっついて割り当ての部屋に行く途中、居間に親戚たちが集まっているのが見えた。祖父の弟や妹、その家族までが集まり、隼人をはじめとした子供たちはすでにテンションが最高潮だ。通りかかっただけで耳が痛くなる騒ぎ。
 ため息をつきたくなるのを堪えて、二階に上がる。階段が急で、先頭を行く叔父さんが転げ落ちてこないか少し怖い。
 十畳の部屋には布団が三つ置かれている。高二にもなって親と一緒に寝るのは恥ずかしいけど、毎年部屋の空きがないから、諦めるしかない。
 母がたすきがけにしていたバッグを降ろし、トートバッグを手に持ったまま、引き返していく。叔父さんと、同じように荷物を置いた僕もそれに続いた。面倒な挨拶が待っている。身長は成績は部活は進路は彼女は、そして小さなころにおかした失敗の数々。時間を埋めるためだけの、雑談のための雑談。
 めんどくさいけど、まあ、仕方ない。
 少し我慢すれば、亜貴と遊べる。

 遅い昼ご飯を食べ、子供たちの相手と雑談の種としての役割をこなし、夕方になってようやく抜け出せた。二十人以上いるいま、話から外れることができればひとりくらいいなくなっても、誰も気にしない。
 僕は坂を下って道路に出て、右と左を一度ずつ見たあと道路を渡り、農道を歩いた。このところ気温はずっと高く、いっこうに弱まらない日射しの強さに、シャツの内側を汗が流れていくのがわかる。
 雑木林の木々にまぎれて進んでいくたび、風がひやりとしたものに変わっていって、火照った肌をやさしく冷ましてくれた。風情のないアブラゼミの鳴き声がうるさくひびくなか、池の存在を隠している草やぶをしばらくかきわける。
 池に出た。
 いつもいるはずの池のほとりに、亜貴の姿が見えない。
「亜貴」
 大きめの声で呼ぶと、
「遅い」
 池にある小さな浮島のほうから、声が返ってきた。よくよく見てみれば、浮島から二本の細い足がだらりと池にたれている。
「隼人たちの相手をさせられてたんだよ」
 僕はそう言いながら、リュックサックを置いて靴下を脱ぎ、放り出した。スマートフォンだけを手に持ち、スニーカーを履き直して池に足をつける。二年くらい前、中三の夏にはへその高さくらいにあった水面が、いまは腰より少し下のあたりになっている。
 流れのない、よどんだ水をかきわけて進んでいくたび、だんだん水位が低くなって、最後にはスニーカーが水から這い出した。
 草のじゅうたんの上に、亜貴があおむけになって、スマートフォンをいじっていた。空を覆う葉をすかして陽の光がちらつくのか、まぶしそうに目を細めている。
 毎年毎年、親戚同士の変わり映えしない話へ相槌を打つことに飽きてくると、こうして亜貴といっしょに時間を潰す。
「なんでわざわざこんなところに……」
「気分。それより持ってきた?」
「一応」
「じゃあ、やろ」
 狭い浮島で、亜貴の隣にスニーカーを脱いで座った。彼女を真似て足を投げ出すと、まどろんでいた小さな魚たちが驚いて逃げ出した。
 手に持っていたスマートフォンを取り出す。亜貴がはまっているゲームアプリがある。協力プレイをすることで有利に進められるそれに付き合わされて――いや、最初はそうだった。いまはキャラクターたちのレベルが亜貴と同じくらいになってしまっている。
 光がちらついて画面が見づらいので、亜貴と反対に前かがみになって陰を作る。
「部屋の番号は?」
「一九二二、五五四」
 亜貴の言われた通りに番号を入力すると、画面が移った。亜貴の分身となるアバターが、退屈そうに足を組んで椅子に座っている。画面中央の扉をさわると、協力プレイが始まった。

 僕の動きがにぶいせいで死んだと言われたり、亜貴の油断が原因だと言ったり、ときに肘をぶつけあい、ぎゃあぎゃあとわめきながらゲームを続けていたら、だんだん日が暮れてきた。
 画面に集中していた僕は何の気なしに左手首をかいた。かいた途端、かゆみが激しくなってくる。見るとそこは、ぷっくりとふくれていた。気付けば、体中がかゆい。たまらずにゲームを中断し、スマートフォンを放り出した。
 僕の動きをぼんやり眺めていた亜貴も突然跳ね起き、同じように体中をひっかき始めた。
 二人して少しのあいだ無心にかいたが、僕はふと思い出してかくのをやめた。
 池にただよう静寂を突き破って池に飛び込み、ばしゃばしゃと水をはねとばして鞄に向かった。中から、かゆみを鎮めるぬりぐすりを取り出す。どうせ濡れると思って持ってきていたバスタオルで水をぬぐい、さっそく塗りこんだ。
「使う?」
 ぬりぐすりをかかげると、亜貴は頷いて、こっちにやってきた。両手にはふたりぶんのスマートフォンをもち、水につけないように手を上に挙げて、かきわけてくる。水面が、彼女のおなかあたりにある。
 そこでふと、亜貴の身長の伸びがとっくに止まっていて、自分よりもけっこう背が低いことに気付いた。前までは、そこまで差がなかったのに。
 この差は何だか――何だか、嫌だ。
 ぼうっとしていると、亜貴が池のへりに肘をつき、上がってきた。
 そして僕の目の前に立つと、相手も驚いたように僕を見上げてきた。亜貴の顔に西日がさして、うっすらとだいだいいろに染まっている。
 僕と亜貴はお互いの身長の差に呆然としながら、少しのあいだ、見つめあった。
 亜貴が先に視線を外して、
「身長、伸びすぎ」
 と呟き、スマートフォンを鞄に置いたあと、僕の左手にあるバスタオルを引き抜いた。
 僕が使った後のバスタオルで、亜貴は濡れた腕を拭いて、首回りを拭いて、前かがみになって脚を拭き始めた。前より長くなった亜貴の髪がゆらゆら動くのを見ていたら、なぜだか急に、居心地が悪くなってきた。
 うるさいアブラゼミの合唱は止み、虫の鳴き声がこだましている。
 日の暮れかけた、閉ざされた空間に、亜貴とふたりきり。
 昼間はあれだけ軽口をたたき合い、悪ふざけをしていたのに、言葉が上手く出てこない。
 亜貴が前かがみになっていた態勢を元に戻して、少し恥ずかしそうに、バスタオルを渡してきた。
「ありがとう。ごめんね、汚しちゃって」
「いいよ。こっちこそ別のタオル用意してなくてごめん」
 変に緊張しながら、バスタオルを受け取り、リュックサックに押し込む。
 小さいころはお風呂にも一緒に入ったのに、バスタオルひとつで、どうしてこんな、落ち着かない気持ちになるんだろう。
「そうだ、ぬりぐすり」
 バスタオルと一緒にしまいそうになって、差し出す。
「あー……っと、いいや。なんだか、かゆくなくなったみたい。帰ってから家で塗る」
 不思議に思ったけれど本当にそうらしくて、あれほどせわしなく動いていた指は、濡れたハーフパンツの横っかわを掴んでいる。
「まだ日が暮れるまで時間あるけど、どうしよっか。ちょっと泳いでく?」
「いや、拭いたばっかりだし……」
 僕が言うと、亜貴は何度か頷いた。
「そうだよね。変なこと言ってごめん」
 亜貴がハーフパンツのポケットからビニール袋を引っ張り出し、それにスマートフォンを入れて、ポケットにしまい直した。
「じゃ、帰ろっか」
 少し困ったように笑った亜貴の後ろについた。
 それからも、会話はあまり弾まなかった。
 もう二人きりで遊ぶ事はないかもしれない。
 毎年一緒に遊んでいて、今日もあれだけ楽しかったのに、なんとなく、そう思った。

(明日につづく)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。